お問い合わせのご相談事例

葬儀はわからないことだらけ!よくある葬儀に関わるお問い合わせ事例をご紹介!

葬儀はわからないことだらけ!よくある葬儀に関わるお問い合わせ事例をご紹介!

葬儀がはじめてという場合、悲しい家族との別離の際、どのように葬儀をすすめていいのかわからないのは当然のことです。この記事では、葬儀を考えている人から、どのような問い合わせをいただくことが多いのかを紹介していきます。

Q1.病院で危篤を告げられたらどうしたらいい?

危篤を告げられた際に、どのような行動を取ればいいのでしょうか。

Q1.病院で危篤を告げられたらどうしたらいい?

まずは近親者に連絡を

親兄弟はもちろん、近親者にも連絡をしはじめましょう。そして、どのような葬儀にするか、予算や日程の目安を立てはじめたほうがいいタイミングです。葬儀の仕方については、その方の希望があるかもしれないので、遺言書や日記などをよく確認してください。

葬儀社のリサーチをする

葬儀会社には、危篤の段階で連絡をするべきという理由はありません。ただ、事前にネットなどを使ってどの葬儀社にするかなどを調べておけば、来るべき日に慌てずに手配を済ませられます。

Q2.生前から葬儀会社に連絡できる?

余命を宣告されるなど、生のタイムリミットがはっきりした場合、事前に葬儀会社へ相談を含めて見積もりを依頼できます。葬儀会社の担当者がさまざまな質問に対応し、相談に乗ってくれるでしょう。また、病院でつきっきりの場合など、葬儀社が現地まで訪問してくれるので、不安を解消するために連絡をしても構いません。

Q3.深夜・早朝でも対応してもらえる?

“そのとき”は突然訪れるものです。そのため、多くの葬儀会社は24時間365日対応しています。連絡を受ければ、すぐに対応し、担当者を派遣してくれます。

Q4.宗教にとらわれない葬儀をしたいけど、大丈夫?

近年、無宗教で葬儀をあげたいというニーズが増えています。これは「自由葬」と呼ばれ、大きな特徴としては僧侶や牧師などを呼ばず、読経や祈りの式典を行いません。宗教の形式にとらわれないため、故人や遺族の意思を強く反映した、オリジナリティのある葬儀を執り行えます。

Q5. 寺院との付き合いがない場合、どのように選べばいい?

いわゆる檀家(だんか)に自分の家族がなっている場合、その寺院の僧侶に葬儀を依頼します。ただ、核家族化やお亡くなりになった場所が遠方といった場合、葬儀を依頼する僧侶を探さなければなりません。

寺院と連携しながら紹介可能な葬儀会社もあるので、あわせて相談するといいでしょう。

Q6. 遺影(いえい)の写真はどんなものを選べばいい?

遺影についてのよくある質問です。

遺影(いえい)の写真はどんなものを選べばいい?

カメラ目線でピントのぼけていないものが望ましい。

遺影用の写真は、故人の生前の姿や人柄が伝わるものがよいでしょう。基本はカメラ目線でピントの合ったもの、そしてお一人で写っているものです。いい写真が見つからない場合は、いくつかの写真を葬儀会社に渡すと、専門のスタッフがきれいにグラフィック処理をしてくれます。

生前から遺影の写真を準備する

生前であれば、プロのカメラマンに依頼し、ヘアセットやメイクをしたお気に入りの一枚を撮影できます。病気などでスタジオを訪問できない場合、自宅や病院へ訪問し、現地で撮影をしてくれるサービスもあります。

Q7. 改宗してキリスト教になった場合の葬儀はどうすれば?

自身が仏教または無宗教の場合、キリスト教の葬儀に関して知識がないのは当然です。その場合、故人の宗派を大切にするため、以下のことを確認したうえで葬儀社に伝える必要があります。

カトリックかプロテスタントなのかを確認する

カトリックかプロテスタントなのかを確認する

カトリックの場合、伝統や儀式の流れをとても大切にしているため、注意が必要です。まずは、本人が礼拝などに通っていた神父に連絡を取り、葬儀の依頼をしましょう。洗礼を受けたカトリックの信者のみ、経典に従った葬儀ができるので、本人が洗礼を受けているかどうかを確認するのも重要なポイントです。洗礼を受けている場合、カトリックの洗礼者名簿に名前が残されているので、問い合わせて確認しましょう。

プロテスタントの場合、カトリックに比べて比較的式典の縛りが緩やかです。故人のみがキリスト教の場合でも、家族や縁者は葬儀に参加できます。

Q8. 身寄りがいない故人、知人でも葬儀はできる?

家庭の問題などで、故人が家族や親族との関係を絶っている場合、または身内から葬儀を拒否される事例も近年増えています。その場合、交流があったり、故人の世話をしていたまわりの知人や友人が葬儀をしてあげたりするケースもあります。

遺体を火葬し、埋葬するのは法に定められた義務であるため、自治体などが対応しますが、葬儀は義務ではありません。そのため、血縁でなくても故人のために葬儀を執り行うことは可能です。

まとめ

突然の身内や家族の死と向き合いながら葬儀の準備をすることは、とても大変です。また多くの方は初めてのことで、悲しみの中どうやって葬儀をすればよいのかわからないのも当然でしょう。昨今では無宗教の葬儀ニーズも増え、多様化しています。より故人の意思を尊重し、心に残る葬儀が実現できるようになりました。

有限会社東武セレモニーは、町田・相模原・横浜・大和田を中心に、葬儀全般を取り扱っております。24時間365日、スタッフが対応しておりますので、いつでもご連絡ください。ご遺族の心に寄り添いながら、記憶に残る葬儀をお手伝いさせていただきます。

 

町田市、相模原市、八王子市の葬儀の事ならなんでもご相談ください 24時間365日スタッフが対応
フリーダイヤル:0120-790-799
資料請求・お問い合わせ
ページ上部へ